ホーム > 診療のご案内 > 歯周病

診療のご案内

歯周病

歯周病とは
歯周病は、歯と歯ぐきの境目から細菌感染により、歯ぐきの炎症と歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収を起こす病気です。
歯槽骨が吸収すると、歯と歯ぐきの境目に歯周ポケットといわれる溝を形成します。その溝で歯周病菌が繁殖すると、さらに骨が吸収し歯周病が進行します。歯周病は、歯の喪失の原因の約40%を占めます。

歯周病の原因
その原因の1つは、歯周病菌です。この菌は嫌気性菌なので、酸素がないところを好みます。
その他の原因として、食べかす、歯垢(プラーク)、歯石、不良補綴物、咬みあわせ、歯ぎしり、喫煙、糖尿病や骨粗鬆症などの全身的疾患、遺伝的疾患、など様々あります。 特に、歯周病と全身的疾患との関係は近年よくとりただされています。
たとえば、心臓の内膜や弁の細菌感染である細菌性心内膜炎の原因菌に歯周病菌が見られたり、歯周病菌の毒素が血管内に血栓を形成し、心筋梗塞や脳梗塞を進行させる可能性があることが示唆されたり、糖尿病になると歯周病にかかりやすかったり、逆に歯周病が悪化すると糖尿病も悪化する傾向にあります。

歯周病の症状
歯周病の症状は、歯ぐきからの出血や膿がでる、歯ぐきの痛みがある、歯ぐきが腫れる、朝おきて口の中がネバネバする、歯がぐらぐら動く、口臭があるなどが一般的です。

歯周病の治療法
治療法は、適切なブラッシング、歯石除去が基本になります。
そのあと、症状の程度によっては外科的処置が必要な場合があります。それは、歯周ポケットが深いところでは、器具が届かず深いところの歯石や感染物質が除去できません。そのため、歯ぐきを切開して直視下で歯石除去と歯の根の表面を滑沢にしていきます。

メインテナンス
治療が終了しても、定期的なメインテナンスが必要です。患者様ひとりひとりの状態に合わせて、歯周病の治療および予防、メインテナンスに努めてまいります。

診療科目
一般歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント、歯周病、審美歯科、義歯、顎関節症、予防歯科
診療時間
AM9:00~13:00
PM15:00~19:00
※水曜日の午後は休診となります。
※土曜日の午後は
14:00~17:00まで
休診日
日曜日、祝日、水曜午後

※急患などの場合はこの限りではありません。
※学会参加などで、予定が変更する場合がございますのでご了承下さい。