ホーム > 診療のご案内

診療のご案内

口腔外科

口腔外科とは
お口の病気といえば、虫歯、歯槽膿漏がありますが、それ以外にも口腔外科領域の病気 があります。親知らずの痛み、顎の痛みの他、外傷、歯ぐきや粘膜のできもの・腫れものなどです。 この領域には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。その他顎変形症、唾液腺疾患などに加え口臭症などの内科的疾患も含まれます。

親知らずの場合
親知らずの場合、必ずしも抜歯が必要とは限りません。その歯が、咬みあわせに関わっていたり、抜歯することでかえって隣の歯に悪影響が出ることが予想されるときには、抜歯を控えることがあります。
しかし、その親知らず自体が虫歯になっていたり、隣の歯が虫歯になっていたり、顎に悪影響が生じている場合などは抜歯が必要です。

外傷の場合
外傷は、事故などによる裂傷や歯牙破折、歯牙脱臼などが多く、緊急的な処置を伴います。

顎関節症の場合
顎の痛みでは、関節周囲に症状がある場合、筋肉痛がある場合など症状が様々です。痛くて口が開きづらい、カクカクあるいはジャリジャリ音が鳴る、口を開けると顎が疲れるといった症状が多いです。対症療法として、消炎鎮痛剤やスプリント療法があり症状の軽減と安静をはかるものです。原因療法では、必要に応じてCTやMRIなどで精査を行い、 二次的医療機関にご紹介いたします。

口腔粘膜疾患の場合
粘膜の病気では、様々なできものや腫れものがあります。その場合も二次的医療機関にご紹介いたします。

顎変形症の場合
の変形(ゆがみ、ねじれ)と、かみ合わせの異常を起こしている状態、いわゆる「受け口」や「出っ歯」などです。
手術(骨切り術)と矯正歯科治療の併用により良好な咬合の獲得と顔のねじれやゆがみ、表情などの審美的改善を目的とします 。
専門機関へご紹介いたします


お口の健康のためには早期発見、早期治療が重要です。そのため寺﨑歯科クリニックでは一次医療機関としての役割を果たしていき、より専門的な治療が必要な場合、二次的医療機関、高次医療機関へ連携を行ってまいります。

診療科目
一般歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント、歯周病、審美歯科、義歯、顎関節症、予防歯科
診療時間
AM9:00~13:00
PM15:00~19:00
※水曜日の午後は休診となります。
※土曜日の午後は
14:00~17:00まで
休診日
日曜日、祝日、水曜午後

※急患などの場合はこの限りではありません。
※学会参加などで、予定が変更する場合がございますのでご了承下さい。