ホーム > 診療のご案内

診療のご案内

小児一般歯科

生まれたばかりの頃
虫歯の原因菌、ミュータンス菌はありません。しかし、歯が生える頃(生後6カ月~2.7歳前後)から感染する確率が高くなります。この頃に、ミュータンス菌の多いお母さんやお父さんと同じスプーンなどを使って食事するとミュータンス菌の感染率が増加します。
生後6か月前後
乳歯がはえるころ、歯磨きの方法やフッ素塗布などの予防が大切になります。また、指しゃぶりなどの癖があるかどうかのチェックも必要です
2歳前後
乳歯が揃うまでは、引き続き虫歯や歯並びの検診、歯磨きの習慣に加え、飲み物、おやつなどの食生活、指しゃぶりなどの癖、離乳などをお聞きしていきます。
4歳頃
永久歯のはえ変わりの準備として、引き続きお口の健康管理の他、歯ぐきなどにも問題がないか診ていきます。さらに、咬みあわせをチェックして矯正治療が必要な場合は、矯正治療をご説明していきます。
6~12歳頃
前歯や第一大臼歯(6歳臼歯)がはえ始め、犬歯や小臼歯も交換しますので歯磨きがさらに重要な時期になります。また、第一次成長期から第二次成長期なので顎の発育もふまえて咬みあわせをチェックし、症状に合わせた治療が必要になります。

小児矯正治療について

子供の矯正(小児矯正)では、あごの成長をコントロールすることや口呼吸などの悪習慣を取り除いて最終的にかみ合わせを治していきます。
小児期にかみ合わせが悪いと、以下の事が起こる可能性があります。
  • むし歯になりやすい
  • 顎の成長が遅くなってしまう
  • かみ合わせが崩れ、顎関節症になりやすい
  • 発音やかつ舌が悪くなる
  • 歯並びに対するコンプレックスから、消極的な性格になりやすい

小児矯正のメリット

①歯並びをキレイにすることができる。
②かたよった、顎の成長(ゆがみ)を軽減できる。
③将来、本格矯正をする場合でも、抜歯の可能性が減る。
④歯並びを整えることで、むし歯になりにくくなります。
⑤コンプレックスの解消になります。
⑥将来、顎の成長が進み、顎のズレが大きくなると、改善には顎の手術を含めた矯正治療が必要になることがあります。
しかし、あらかじめかみ合わせを整えておくことで、手術の可能性を減らす事が出来ます。

時期と治療内容

第1期治療と第2期治療に分かれます。

第1期治療

  • 永久歯とはえ変わるまでの期間
  • 主に、バイオプレートや拡大装置などを用いて~広げていきます。

第2期治療

  • 永久歯にはえ揃ってからの期間
  • ブラケットワイヤーを用いて~目的とします。
診療科目
一般歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント、歯周病、審美歯科、義歯、顎関節症、予防歯科
診療時間
AM9:00~13:00
PM15:00~19:00
※水曜日の午後は休診となります。
※土曜日の午後は
14:00~17:00まで
休診日
日曜日、祝日、水曜日午後

※急患などの場合はこの限りではありません。
※学会参加などで、予定が変更する場合がございますのでご了承下さい。